新日本プロレス岩手大会雑感の巻

メインは唐突に組まれた感のあるNEVER無差別級選手権、柴田勝頼対本間朋晃。
真っ向勝負の熱い試合となったが、いまいちテーマを見い出せず。第三世代との闘いと比べちゃうとねー。
セミのCHAOS対LIJのイリミネーションマッチはオスプレイが加わったので多少の新鮮味はあったが、いつも通りの展開というか。クオリティは高いので満足度は高いけど、大将同士が一緒に場外転落になった時のガッカリ感ったらないよな。
それよりも今大会一番の見所はNEVER6人タッグのベルトを巻いた小島聡(これも何故かリコシェ&サイダルと組む謎)が試合後に天山をリングに呼び込み、自らのG1出場枠を譲るとマイクアピールしたことだろう。
この申し出に対し、そんなに悩むことなくアッサリと受け入れる天山という(笑)これにより盟友の想いを背負ってリーグ戦に臨まないといけなくなったわけで、ファンも注目せざるを得ない。
果たして、本当に今回の大会が天山広吉のG1最後の聖戦となるのか?
この夏は猛牛から目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください