糖質制限ダイエットをして体重を約20キロ落とした話の巻

昨年の10月からシレッと糖質制限をしておりまして、夏までに体重を90キロから70キロまで落としました。
特に健康上の問題があったから始めた訳ではなく、何となく続いてしまった感じで。
ちょっと前まで毎日ランニングに勤しんでいたのですが、年間1700キロ走っても”たったの4キロ”しか落ちずに「これは割が合わない」と悟り、やはり食事制限しなければ減量は不可能という結論に至った次第です。
ただ、痩せはしましたが、ハッキリ言って体調不良や精神的な不安定さも出たりで、とても他人様にはお勧め出来るやり方ではありません。
あからさまに太っている人は糖質制限すれば1ヶ月で10キロ近く簡単に落ちますが、元通りの食生活に戻せばアッと言う間に太ましい身体へと返り咲くこと間違いないでしょう。
結局は適度な食事をして適度に身体を動かさないとダメなんですよね。
デブの素質がある人って自分に甘いので常に己を律しなければならないわけで。
現在は多少制限を緩くして生活してまして、72~73キロを行ったり来たり。
ドカ食いOKなチートデイは2週間に1回と設定し、体調も少し良くなってきました(※体重が80キロを切るまでは1ヶ月に1度のチートデイ)
一応、どんな事をしたか記載しときます。

糖質制限ダイエットとは

ボク自身は特に詳しい知識があるわけではないのでキチンと理解したい方はぐぐるなり専門書を買うなりして調べてください。
要約すると摂取する糖質量に気を付けて食事をしていけばヌルヌルと体重が減るよってことです。
懐に余裕のある方は迷わずにライザップへGO。

食事について

1日に摂取する糖質は60g程度に、とはいえガチガチにやるわけでは無く、あくまで目安。
1日130gでも”ゆるやかな糖質制限”らしいので、その辺は深く考え過ぎない方が精神衛生上おすすめ。


プロテイン、サラダチキン

野菜炒め、シャウエッセン、目玉焼き、みそ汁

鶏の唐揚げ、サラダ、納豆、豆腐、みそ汁等

休日の在宅時はこんなもんでしょうか。夕飯はその都度変わりますが朝昼はほぼ同じ。
シャウエッセンは国民食なので皆さん口にすべき食材です。パリッと旨いしね。来年2月から値上げしちゃいますが気にしないで。
出先ではサラダチキン、スープなどコンビニで買えるもので済ませることが多いです。カロリーや糖質の表記もあり計算しやすいし。あとはコロナ禍もあり、以前より飲食店を訪れることが少なくなったのも功を奏したかも。
下記の「食品別糖質量ハンドブック」や糖質量を検索出来るアプリは大変役に立ちました。

運動について

オリジナルの軽い筋トレとバーピーを主に。
別にマッチョになりたい訳ではなく、糖質を制限すると贅肉と共に筋肉も落ちてしまうのです。
夏前に人から「みすぼらしい痩せ方をしている」と指摘されたので少しだけ鍛えることにしました。
まあ、筋トレと言っても30年程前に吉祥寺のロジャースで購入した8キロのダンベルを上げ下げする適当なやつなので身になっているかは不明。
バーピーに関してはYouTubeでよく見かけたのでやってみたら心拍数を上げるには丁度良かったので。
ボクは計4分間、20秒動いて10秒休むパターンのをやっています。

これに腹筋ローラー30回(膝コロ)&スクワット200回、たまにランニング6キロを絡めて日々を過ごしておるところ。
ちなみに糖質制限中のランニングはどうもご法度らしいので真似しないように。
マスクをしながら走ると速攻でスタミナが切れ息苦しくなり三途の川が拝めます。

とまあ、とりあえずの現状ご報告でした。
これからも制限を続けるかは決めかねていますがリバウンドしないように気を付けていきますー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください