さいたまスーパーアリーナにて開催された「ももいろクリスマス2021」を観て来ましたの巻

たまアリにて2年振り2日間に渡って開催された「ももクリ」に参戦してきました。
当初は観に行くつもりはなくAE先行(ファンクラブ枠)もスルーしたのですが、もリフの日本武道館生配信を見たらライブに行きたい欲が猛烈に湧いてきてしまい急遽イープラス一般2次にて両日分のチケットをGET。
予想通り連夜の天空席だったとはいえ、やはり現地は良いモノだと再確認。
セトリもコールが出来ない事が悔しい位の大満足で。
10年前のももクリのオマージュと言えるオープニングからコントラで始まったのは最高でした。
アンコールではマーティ・フリードマンがこれまた2011年以来の登場でテンション爆上がり!
モーレツに黒い週末、2日目は境界のペンデュラム。そんなん目の当たりにしたら、そりゃ上がるよね。帰路につく途中、サブスクでリピしまくったよ。
んでも、個人的に今回の公演で一番心に響きまくったのは何かと言うと、初日の玉井さんが大人ツインテで現れたことでしょうか。
十代の頃の可愛さと打って変わってエロさすらも感じさせる髪型をモノにした黄色い娘は今後世の中を席巻するのではないかと思われます。
あと久しく見ていなかった大箱での「走れ!」時の名物”暗転サイリウムの波”には泣きそうになりました。あの光景はいつ見ても良いものだ。

次回の参戦は13周年記念コンサートになるかと思います。
行くぜ、幕張。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください