北の大地の世知辛さたるやの巻

ももいろクローバーZの5大ドームツアー「”MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」が札幌ドームで開催された。
観客動員数は約2万人と芳しくなかったが、Twitter等を見回すと参戦したモノノフは一様に幸福感に包まれているよなのでLIVEそのものは大成功だったと言えるだろう。
しかし「この時期に札幌で2万人も集めただけで凄い」だとか単純に擁護する声も聞かれるが、傍から見れば明らかに客入りは悪かったと言わざるを得ない。他と比べたって仕方ないんだけど、正直もうちょっと入るかと思っておりました。
だが、運営側も当然の事ながら苦戦するのを分かっていたはずで、そこを敢えて勝負を仕掛けたって部分を評価したいなと。まあ、そもそも5大ドームツアーで札幌を外すわけにはイカンのだが。あ、東京ドームは忘れておこう(゚∀゚)アヒャ
ラストの猫屋敷はSOLD OUT、大阪と福岡も両日3万前後は確定だろうから一応の格好は付くが、どうしても何やってんだドミノフ!と説教したい気分ではあるわけで。
こうなったら数年掛けてでもリベンジしてほしいね。北海道ローカルで冠番組を持ったり、地域に密着している北海道日本ハムファイターズと交流するなどしてモノノフを純粋培養していくとか。そうすると米久との関係性が…(´・ω・`)
って、現実的に道産子はきたえーる2DAYSで十分なんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください