「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは」のBlu-rayをフラゲしたの巻

いやはや、前回の更新から早1年以上経つとは!
さて、皆さんは新型コロナウィルスの猛威でてんやわんやのご時世を如何お過ごしでしょうか。
とりあえずボクは元気に暮らしておりますが、他者に気を遣って自由に発言し難くなったSNSよりもブログで気ままに発信していった方が精神的も楽なのでは?と、恥ずかしながらこの場に帰還致しました。
フォロワーさん達は悪くはないのだけれど、どうしてもあっちこっちの顔を伺いながら呟くのって面倒で。
昔は好き勝手にやっていたのに、いつの間にか当たり障りない言葉ばかり吐くようになってしまい、らしくないわなコレでは。
繋がりを重視するTwitterやInstagramはそれが当たり前で真っ当なモラルなのだろうが、取り繕った姿に何の意味があるのかって。
そんな疑問を解決するのが、そうココ「zakrello.com」なのですよ。
てことで、今後は定期的に掃き溜めWEBらしく毒電波を撒き散らしていく所存です。

で、表題の件。
12月23日発売の「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは」をセブンネットにてフラゲしたご報告、を数日遅れで。
ももクロならではの演出が満載でかなり楽しめた配信ライブだったからジックリ鑑賞出来るのは嬉しいなあ。「PLAY」も格好良かったが、こっち側も好き。
プヲタとしてはクレイジー坊主こと飯塚高史が登場するところも要注目!引退後も何故か、ももクロ関連の場にちょこちょこ姿を現してんだよね。アイアンフィンガーフロムヘルを受け継いだタイチは知ってんのかな…。
未だに善良だった頃の飯塚は等々力渓谷のどこかにある祠に封印されたままなのだろうか。

ついでに先日届いたグッズはこんな感じ。

今回はアパレル系のデザインが良くて購入を悩んだんだけど、そこら辺には一切手を出さずに終わっときました。
Tシャツやトレーナーも魅力的だったし何よりクラシックウィンドブレーカーに惹かれたんだが、黄色だけパッとしない印象で。
デザイン画では枠線あんのに実物にはないってどういうことよ。白地に黄色は相性悪いんだから考慮して作ってくれないと。
まー、いつもの様に散財はせずに済んだから逆に良かったと思い込んでおきます。
生写真はサインなしの空振りだったが、制服姿のやつあったんでニヤリとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください