最早、タイトルを考えるのが面倒臭いの巻

先週末にブログを更新するつもりが体調が戻らず放置したままだったが、ここに復活。
英気を養おうとiTunesで杏果の「小さな勇気」を購入、癒された。

【ももクロ、今年も紅白出場ならず】

そもそも昨年落選したことに逆上して卒業宣言をした為に選ばれる可能性は低かったが、それでも今年はドームツアーに始まり日産スタジアム2DAYSという実績に加え、夏菜子の朝ドラ出演&みんなのうたでのフルーツ5姉妹などなどNHKへの献上度も高かった。
それ故、裏で手打ちも済ませてカウントダウンライブ前にしれっと参加するんではという希望的観測を持っていたのだが、現実はそう上手く事が運ばなかったようだ。
モノノフの中には「紅白なんてどうでもいい」と発言する輩もいるが、ももいろクローバーZの根幹とも言える早見あかりとの約束を果たすには”あの場所”へ戻る必要がある。
更に、外へ向けて一番大きくアピール出来る場も紅白歌合戦である事実は今も昔も変わらないのだ。確かに視聴率は落ちているが、それでも40%を超える番組は老若男女すべてにももクロの良さを知ってもらえる絶好の機会なのである。
それをみすみす逃す様な事態にした運営にはガッカリというか、もっと熟考した上で行動に移してほしかった。
だが、ただでは起きないチームももクロ、必ずや落選からの卒業宣言という黒歴史を上手くプロレス的に調理し、再度紅白歌合戦の舞台に立つ流れにもっていくだろうと期待している。
何年後になろうとも、”約束”は果たされなければならない。

【パMVPに大谷、新人王は高梨の手に】

パ・リーグMVPに我らがスーパースター大谷翔平が選ばれた。
シーズン通して投打に渡る活躍、ベストナインも投手&指名打者のW受賞と八面六臂の働きっぷり。規定投球回数&打席には到達していないが、これまでの常識では計り知れない偉業なのだから納得せざるを得ない。
対して高梨の新人王に関しては異論も出ているようではあるが、優勝チームでの働き等を考慮すれば無問題な選考だ。

【AKB48大和田南那が卒業を発表】

これには驚いた。色々とネット上で騒がれていた一件からクビを切られたカタチか。
次期エース候補の1人として期待されていただけに非常に残念。やっぱり、アイドルなのだからおおっぴらな夜遊びとかは程々にしないとね。

【元・プロレスラー永源遥、死す】

サウナで急性心筋梗塞ですか…。自分らの世代だとファミリー軍団としてコミカルなプロレスをしている姿が印象深い。唾攻撃とかラッシャー木村との絡みとか。今日放送されたG+のNOAH中継では冒頭に内田会長の会見と百田光雄とのシングルマッチが流れた。この素早い対応は見事。
しかし、70歳で亡くなるとか早過ぎるだろう。。。ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください