吉田輝星を甲子園で先発させたのは興行としては良いアイデアであったけれどの巻

いや期待はしたが、如何せん実力的に無理があったようだ。
やはり今季は中継ぎで経験を積ませた方が良いのではないかね。そっちの方が適正あるし。
クローザーは北山教授に本決まりしたので、輝星は勝ちパのセットアッパーとして八面六臂の活躍を頼むよ。
で、結果を出し来季以降に今一度仕切り直して先発に挑戦してみてはどうか。
BIGBOSSが繫いでくれた藤川球児との縁を大切にしつつ適度にアドバイスを頂き、そのストレートに磨きを掛けてほしい。
素質は素晴らしいのだから焦らず成長してもらいたいね。
あと、心配なのは堀瑞輝。
初戦の登板時に阪神ファンの圧をモロに受けてしまったのか豆腐メンタルが再発した模様で。
今日も四死球連発で降板。敢えて投げさしたのだろうが、裏目に出たカタチ。
これはちょっと時間かかるかもな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください