ももクロについて思ふことの巻

ももクリ当日に書くことでないのは重々承知しておりますが、ここ最近ももいろクローバーZに対しての情熱が薄まっておるなあと自分自身感じておりまして。
「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」も結局は観に行かず、AE浜松も当選していながらスルーしちゃいましたし、ももクリ2日目の入金を完了したあとも一向に気分が盛り上がってこず。
こんな事をTwitterで呟くと「ライブの抽選に外れている身にもなってください!」なんてクソどうでもいい絡みをしてくるノフがいそうなのでブログで吐露してますです。
が、そんなん言いつつも夏辺りに注文していたグッズが手元へ立て続けに届いててしまい「なんでこんなに買ってんのかなー」と自己嫌悪に陥っているという。
もう収納に困る程にTシャツやらタオマフやらが溢れているってのに絶え間なく湧き出ていた物欲に今頃になって閉口。
ま、ビートたけしのブランド?のコマネチTシャツとかには全くもって惹かれなかったので、これ以上は傷口が拡がらないとは思っとりますが。
そんな温いスタンスへと徐々に変わっていったのは、やはり年頭に有安杏果が卒業してしまったことが発端なのであろうなと。
推している娘ではなかったが、5人でこそってのが自分の中にはずっとあって。
勿論、その後の4人の頑張りがあり、新しいカタチが出来てきたってのも理解しているのだけれど。
それに数年前の紅白卒業の件から運営に対しての不信感は拭えないしで、もうそろそろ潮時か、とも考えてはいたのです。
しかし、そうは言っても他界するほど心が離れてしまったわけではないから今までよりは少し緩めに応援していこうかなーと。んな、感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください