ももクロ13周年記念コンサートへの参戦を断念の巻

新型コロナウィルスの影響により何度も延期された周年ライブが1月23日に幕張メッセで開催予定ですが、昨今の情勢を鑑みて現地への参戦は断念する事になりました。
というか、この流れで中止や延期にせず開催するというのが、ちょっと驚きで。
これまでの運営のスタンスとは随分と違うように見受けられますがどうしたのでしょうか。
いよいよスタプラの運営費が底を尽きそうでキャンセル料を惜しんだのか、はたまたスタコミュに思ったほど課金がされなかったのか。
とりあえず言いたいことはTwitterで呟いたので下記に転載。

オミクロン株は以前よりも弱毒化しているのは明白なので、例え感染したとしても重症化する事は殆ど無い。
とは言え、感染してしまえば行動制限がかかってしまい学校や職場には行けず、基本自主隔離・自宅待機となる。濃厚接触者と判断された人も同様に。
こんな面倒なことになるのが分かっているのに、何故に感染拡大に加担するような行動を取るのか、運営を小一時間問いただしたい気分なのです。
せめて新規感染者数が下がってきている状況ならば開催するのも分からなくもないのですが。
もし仮にクラスターでも発生しようものなら世間から叩かれるのはメンバーなんですよね。それは何としても避けなければならないわけで。
これが他のスポーツイベントやライブなら開催するのも見に行くのも好きにすれば良いってスタンスなんですよ自分は。プロレスの興行だって後楽園ホールとかでやってますし。
そこまで死亡者数が高くないのであれば経済を止めずに回していくべきだと考えているので。
ただ、ももいろクローバーZには慎重を期した行動を取ってもらい、変なリスクを背負っては欲しくなかったなと。
まあ、やると決めたのであれば徹底的に感染対策をして後は祈るしかないでしょうね。
それにしてもコロナ禍を物ともせず何の気なしにライブ参戦出来る一部モノノフの精神状態が羨ましい。人生、楽しかろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください